丹波のチーズ王子

私の好きなことを好きなように書いています。

生きる手応え。

今日は「竹取物語」の映画を見てきました。
全然期待していなかったのですが、
最後にはものすごく感動してしまいました。

最近、梨木香歩さんの本を読み、
すごーく考えされられています。

 

僕は、そして僕たちはどう生きるか

僕は、そして僕たちはどう生きるか

 

 

 

ぐるりのこと (新潮文庫)

ぐるりのこと (新潮文庫)

 

 

そんな中でこの映画を見、
”生きる手応え”という言葉がぐさっと刺さってきました。


この一年の中で、一番”手応え”を感じたのは、
やっぱり大根の仕事の時でした。

十勝の大地で、秋のにおいを感じながら、
ひたすら大根を抜いて運び続ける。
自分の力を100%出したからか、
ものすごい達成感もありました。


明日からも、より手応えのある一日になるように、
考えていきてきたいと思います。