読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丹波のチーズ王子

私の好きなことを好きなように書いています。

社会見学~その2。

昨日の続き。
午後は埼玉県加須市、
トキタ種苗さんに行きました。
大利根農場の本沢さんがお話してくださいました。

f:id:fukikeisuke:20130529182322j:plain
エンドウの中に、「きぬさや」という種類があります。
これには、昔はスジがありましたが、
最近の品種は、スジをわざわざ取らなくても
食べられる品種になっています。

それがどうした?とお考えですか?
なんと、この改良に11年もかかっているのですよ!

種を買う農家は、「こんな品種があればいいな~」
など好き勝手言ってますが、
実際にはすごい時間と手間がかかるものなんだと知り、
種のありがたさが身に染みました。


下は農場内で栽培されていたズッキーニ。
左から、普通のもの、茎にトゲのないもの、
黄色のもの、イタリアのズッキーニ、サラダ用。

f:id:fukikeisuke:20130529200103j:plain
色々な品種をじっくりと観察・分析しながら
栽培されていました。
特に”トゲなし”は、
収穫時のチクチクから解放されるので嬉しい~!

日本の種苗会社は、世界でもトップクラスの
技術を持っているそうなので、これから
私たち農家も、たくさん学ぶことがありそうです。

いや~でもなんといっても、
久々に畑を見るのはやっぱりオモシロかった~!