丹波のチーズ王子

私の好きなことを好きなように書いています。

2017総括・映画編。

あけましておめでとうございます。

チーズ王子です。

紅白ではなくガキ使でゲラゲラ笑って年を越しました。

最高にくだらないですね。

 

さて、去年のまとめを残しておきたかったので、

いくつかに分けて書いていきます。

 

 

まずは、映画編。

 

2017年は新作映画を20本ちょっと観ました。

そろそろ丹波にも映画館を作ってくれませんかねぇ~。

 

で、私のベスト10を決めました。

1.ベイビードライバー

2.トレインスポッティング

3.シング

4.ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーvol.2

5.キングコング髑髏島の巨神

6.ハクソーリッジ

7.マンチェスター・バイ・ザ・シー

8.夜空はいつでも最高密度の青色だ

9.ラ・ラ・ランド

10.スイスアーミーマン

 

お気づきでしょうか、ほどんど音楽映画!!(笑)

ベスト3と8と10だけ感想書きます。

 

①ベイビードライバー


エドガー・ライト最新作『ベイビー・ドライバー』予告編

動画を見てもらえば特にストーリーは書かなくてもいいかな

と思うんですけど、とにかく音楽と映像のシンクロがすごくて、

映画館で叫びたくなるくらいテンション上がりました。

観終わった後、すぐにサントラも購入し、

車に乗るときはついつい聴いてしまいますね。

 

ラストの展開に疑問を感じる人もいるようですが、

私は予想を裏切られたことが新鮮に感じ、

最後まで丁寧にやってくれたなーという印象でした。

 

たまたまTwitterでみた感想に触発され、

神戸の映画館までわざわざ見に行ったかいがありました。

エドガーライト監督の過去作をもっと掘ってみたいですね。

 

 

トレインスポッティング


映画『T2 トレインスポッティング』 特別映像

90年代に空前のブームがあったらしいですが、私は世代ではありません。

「2」が出るって聞いてから、前作を見たらドはまり!

(特に便器に入っていくシーンは頭ぶっ飛びましたw)

T2公開初日に映画館に見に行きました。

 

前作に引き続き、クソ野郎大集合のおバカ映画で、

アンダーワールドのあの音楽にも依存してない感じが、

映画の中の彼らの様子と相まって、楽しく見れました。

 

 

 

③シング


『SING/シング』吹替版特別予告 90秒

コレ映画館ではあえて観てないんです。

絶対好きなジャンルやし、評価も高かったし…。

でも年末に「一応今年のうちに見ておこうか」と思って、

なんとなく見始めたらもう終わり。はい最高。

 

大好きなキャラはブタのお母さん。

だれでも楽しめる最高の映画ですね。ありがと!

 

 

⑧夜空はいつでも最高密度の青色だ


『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

これは私の大好きな「ソラニン」にも似た主題を持つ、

私たち若者世代に向けられた青春映画だと思いました。

 

以前東京にいた頃のことも思い出すし、

誰が悪いとかいう押しつけがましさもなく、

ただ「そーなんだよなー」と思う感じ。

 

お祭り映画が好きなので避けがちなジャンルやけど、

今この時代に、観ておいてよかったなと思うし、観てほしい映画でした。

 

 

⑩スイスアーミーマン


映画『スイス・アーミー・マン』予告編

完全なるおバカ映画。

誰が考えたんか知らんけど、マジで作ってくれてありがとう。

楽しすぎてポップコーン全部食べられませんでした。

 

しかも最後に目から水出てきたし。バカヤロー!!

 特筆すべきは最初の10分。最高のくだらなさ、大好きです。

 

以上2017年まとめ・映画編でした。

2018年も映画楽しみまーす。