読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丹波のチーズ王子

私の好きなことを好きなように書いています。

ブルージャイアント好き。

 

 ども!

雪で外に出たくないので、久々の更新です。

 

 

今年一年のチーズ王子は

「好きなこと、思いついたことを迷惑の掛からないようにやろう」

と思っています。

 

ってことで、単純に好きなものについてブログ書きます。

もちろん農場のこともちらほらと書きますけど。

 

自分的には「すーーーーげーーーーー面白い!!!」

と思って記事を書いているので、

少しでも興味を持っていただけると嬉しいです。

 

f:id:fukikeisuke:20170115100951j:plain

 

今回は、この正月に大人買いして一気に読んだ青春漫画、

「ブルージャイアント」!

 

 もう最高!

最高や!神様ありがとう!やっほーーーー!!!

最高としか言いようがない。

まじで1巻だけでも読んでほしい。

 

ジャズをテーマにしてた熱い青春漫画で、

主人公は高校生3年の宮本大(ダイ)。

ある日友達に誘われていったジャズコンサートで衝撃を受け、

サックスプレイヤーを目指していくお話。

 

ビックコミックで3年前くらいから連載していたようで、

1月15日現在9巻まで。

 

マンガ大賞みたいなのも受賞してるようなので、

読んだことある人も多いかもしれません。

私も年末に、あるラジオから話を聞いて買ってみたんですが、

本当にいい漫画に出会いました。

 

私はジャズといえば「おしゃれな大人の音楽」

というイメージで、メロディーも複雑やし、

そんなに興味もなかったんです、

が!この漫画に出会ってからジャズの聴き方?というか

人それぞれ自由に音楽を聴いていいと思えたし、

本当に面白い音楽なんだなぁと心から感じました。

 

なんで漫画なのに音楽?と思う方は読んでください。

漫画から音がでてきてます。すーごい音が聞こえますから!

主人公の宮本大はまっすぐすぎる青年なので、

青春漫画っぽいベタな匂いを醸しつつも、

それをはるかに凌駕する圧倒的な音の表現にすごく説得力があります。

 

また、ちょっとネタバレになってしまいますが、

宮本は田舎から上京してジャズバンドを組むのですが、

このメンツがそれぞれに深く描かれていて超胸熱です。

もともと”バンドもの”が大好物な私はドドはまりしてしまい、

涙腺崩壊でえらいことになりました。

ついでに言っておくと、

読み返そうと再び1巻を読んだ時には、

1話目のエピソードですでに泣いてしまいました。

 

一応9巻まででひとつの話になっているようなので、

すぐ読めますし、お勧めします。ぜひに。

 

 

いつかわたしもライブハウスで

ジャズの生演奏を聴きに行きたいと思います。

 

下は公式サイトです。試し読みもあるみたいです。

bluegiant.jp