丹波のチーズ王子

私の好きなことを好きなように書いています。

食べ物の価値。

ぼんやりとしていたら、
ちょっと考え込んでしまいました。

人が、食べ物に求める価値って、何でしょうか?

味、鮮度、安全、安さ、安定、量、見た目の美しさ、
生産者の頑張り、歴史的背景・・・

色々あると思います。

特に最近、農業の世界では(他の産業も?)、
「付加価値」ということがよく言われています。

ただの『キャベツ』ではなく、
『朝どりキャベツ』とか、『無農薬のキャベツ』とか
ものに新たな価値を加えることで、
他のものより競争優位に立つことができます。
この価値をなるべくたくさん持っているほうが、
「よりいいものだ」と評価されるのでしょう。

でもなんか、これって面白くないと思います。


私は、「うまい!!」という感覚を
大事にしたいと思っています。

食べた瞬間の香りと味と食感、そして後味。

そこでお客さんに感動を与えられる、
「うまい!!」と思ってもらえるものをつくりたいです。

まだまだ基礎勉強からですが。