丹波のチーズ王子

私の好きなことを好きなように書いています。

長野にて。

f:id:fukikeisuke:20170412223849j:image

こんばんは、チーズ王子です。

 

先日、友人の結婚式のため、泊まりで長野に行って来ました。

彼は日本農業経営大学校の同期生であり、同級生でした。現在は長野県中野市というところで、家業の果樹栽培をしています。

これからはお嫁さんと、仕事も一緒にやっていくそうで、羨ましい限りです。

 

 

私は結婚式に最初から最後まで出たのは初めてだったので、白いネクタイを買ってきて、ネットで結び方を覚えたので、ちょっと大人になった気がしました。

あと、二次会で、チーム対抗絵描き対決があったのですが、私が描いたお嫁さんの絵を気に入ってもらえたのがよかったです。

 

おやすみなさ〜い。

 

子牛の付加価値。

f:id:fukikeisuke:20150609044433j:plain

 

どーもー!

チーズ王子です。

久しぶりの更新になってしまいました。

 

 

 

今回は子牛の付加価値化の取り組みを報告します。

 

 

我が家で飼っている茶色い牛、ジャージー種は、

一般的なホルスタイン種より、

乳脂肪分が多いお乳を出してくれます。

f:id:fukikeisuke:20170227092951j:plain

体も小さく、飼いやすいので重宝しているのですが、

その体の小ささが仇となる場合があります。

 

それはオスが生まれた場合。

 

メスはお乳を出してくれますが、

オスは肉として出荷するしかありません。

 

肉になるなら、より大きいほうがお金になるのですが、

ジャージー種は体が小さい…。

正直言って、まったくお金になりません。

日本でジャージー種が増えない理由の一つはコレです。

 

何とかならんものか・・・

 

 

んで、今回、婦木農場では、市島町にある「テッラドーノ」

というレストランの、中村シェフとご縁をいただき、

子牛を一頭買い取っていただくことができました。

f:id:fukikeisuke:20150609053026j:plain

www.tanba-terradono.com

 

日本では子牛を食べる習慣はありませんが、

ヨーロッパなどではとてもポピュラーな食べ物です。

 

小さい牛でしたが、

何とかお肉も取れたようなので、

早く食べに行かねばと思っています。

あ~どんな料理になってるんでしょうかね~。ワクワク♪

f:id:fukikeisuke:20170313211329j:plain

 

とても開放感のあるオサレなお店なので、

みんなで牛ちゃん食べに行きましょー!

 

f:id:fukikeisuke:20150609052746j:plain

 

付加価値化というか、

最後までちゃんと食べてあげることも

大事なことかなーと思いました。

 

 早くいかないとなくなっちゃうかな・・・

 

ほなまたー。

 

追記

中村シェフより料理の写真をいただきました

 上からミラノ風スネ肉の煮込み
ミラノ風仔牛肉のカツレツ
フォンドヴォーの焦がしバターパスタと仔牛肉のクリーム煮込みパスタです。

f:id:fukikeisuke:20170314124200j:image

f:id:fukikeisuke:20170314124201j:image

f:id:fukikeisuke:20170314124202j:image

超ウマそー(*´Д`*)

 

チーズの食べ方。

f:id:fukikeisuke:20170204210845j:plain

どーも!

皆さん、鬼退治は済みましたでしょうか?

豆を食べ過ぎて鼻血の止まらない、チーズ王子です。

 

最近は新しい牛が仲間入りしたり、

べこちゃんが生まれたりと農場が賑やかになってきました。

 

 

今回は我が家の「サンマルセラン」チーズについて。

本来はフランス発祥のチーズで、

私は十勝の師匠に教えていただき、作っています。

f:id:fukikeisuke:20170204215032j:plain

 

どういうチーズなのか、という説明がいまだに難しいのですが、

正確に言うとクリームチーズでもカマンベールでもありません。

 

それは『熟成していく』ということです。

 

出来立てはクリームチーズみたいな食感、

いちごジャムとかつけたら、

食後のデザートにも食べれるような感じ。

おそらくフレッシュチーズという分類になると思います。

塩が効いているので、白ワインとか日本酒のお供にもなります。

個体差はありますが、お手元に届いて約1週間はこの状態が続きます。

 

f:id:fukikeisuke:20170204211334j:plain

 

 

 

冷蔵庫に入れたまま1週間が過ぎると、

外側から徐々にトロけていきます。

これは酵母の働きによるものです。

写真がなかったので、申し訳ないのですが、

カマンベールのトロトロのイメージです。

酵母たちの様子が白カビのように見えるので、

分類上、白カビチーズともいわれます。

 

賞味期限に設定している2週間で、

ちょうどフレッシュ半分、トロトロ半分、くらいになるかな?

こればっかりは環境などにもよるので、何とも言えませんが、

様子を見る意味で小さくカットして食べてみてください。

 

 

 

そして賞味期限(2週間)を過ぎてからが、

このチーズの面白いところなのです。

ただ、大変申し訳ないのですが、

これ以上熟成すると見た目はこの写真のようになっていきます。

f:id:fukikeisuke:20170204215412j:plain

酵母がチーズの外側だけでなく、

内側までトロトロにしているのがわかるでしょうか?

原型をとどめていませんよね?

熟成のうまみや独特の匂いもあるので、

チーズ好きにはたまらないチーズになっていくのです。

 

f:id:fukikeisuke:20170204222437j:plain

 

どうしても賞味期限を延ばすと、

出来立てと熟成後の見た目の違いがすごいので、

とりあえず製造後2週間という設定にしておりますが、

一か月くらいは余裕でおいしく食べれます。

 

 

 

そして、その熟成チーズの食べ方として!

お勧めしたいのが

チーズフォンデュ』!!

 

はぁ、はぁ、これが言いたいだけなのに、

ここまで書くの疲れたよ。

 

f:id:fukikeisuke:20170204223141j:plain

イメージはこんな感じですな。

 

我が家でも余ったチーズをドロドロになるまで熟成させて、

みんなでフォンデュ祭りをやっています。

カブ、ニンジン、ジャガイモ、ブロッコリー、ウインナーとか

なんでも蒸したりして用意します。

チーズはホーローの小鍋や小さい土鍋で弱火で溶かします。

3週間以上は熟成したほうがいいです。

 

とまあチーズも高価なので、なかなかできないかもですが、

溶けたチーズを野菜にたっぷりつけて、、、

 

まじでほんとうにおいしいです。

赤ワインぐびぐび飲めます。

最後に残ったやつは食パンを焼いて全部きれいに食べました。

バケットとかやったらもっといいですね。

 

 

サンマルセランでもっと楽しんでもらえるといいな~。

なんかいい食べ方あったら私も教えてほしいな。

 

ではまた~。

 

注意点: 一か月熟成は保存環境により青カビ等が発生する場合があります。特に暑い夏は注意が必要です。私は、ちょっとカビ生えてきたら、その部分だけ取り除いて食べています。気になる方は早めにどうぞ。

 

f:id:fukikeisuke:20170204224826j:plain

 

婦木農場 Webショップ チーズ サンマルセラン

 

 

ソラニンが好き。

どーも!

マーティンスコセッシ監督の『沈黙サイレンス』を観て、

塚本晋也さんの熱演に感動したチーズ王子です。

 

 

今回は好きな映画です。

 

ソラニン!!

 

ソラニン

ソラニン

 

 

宮崎あおい高良健吾のダブル主演で、

2010年に公開された青春恋愛映画。

浅野いにおさんの漫画原作で、

アジカンASIAN KUNG-FU GENERATION)が漫画に出てきた

詩をもとに、作曲したことでも当時話題になりました。

 


映画『ソラニン』予告編

予告見つけたので、見てくださいまし。

 

 

とにかくこれ、超×10000大好きな映画です。

 

公開当時、話には聞いていましたが、

”映画”というものには全くと言っていいほどに興味がなく、

完全にスルーしていました。

 

 

2年前くらいでしょうか、丹波に帰ってきたころ、

大好きな宮崎あおいを観て目の保養をするために、

TSUTAYAでなんとなく借りてきたのでした。

 

 

観てみると・・・

 

感動感動!!!一人で大号泣してしまいました。

 

あまりに面白かったので、

その日から3日連続で観て、すべての場面の意味や

登場人物たちの心情を読み取ろうとしていました。

 

正直、『映画が面白い』と思うようになったのは、

このソラニンがきっかけといっても過言ではないです。

 

 

 

まず素晴らしいのは役者!

ベテランの宮崎あおい高良健吾を筆頭に、

本当にドラムをたたいている桐谷健太、

サンボマスターのベーシスト近藤洋一

この二人がバンドにとてつもない説得力をもたらしています。

加えて今売れっ子の永山絢斗井浦新、美保純らが脇を固めます。

 

 

次に話の深さ。

これは原作マンガがすごいということでしょう。

種田(高良健吾)の泣きながらバイクを走らせるシーンは、

まさに私たち20代のモラトリアムな感情を爆発させる瞬間であり、

すーーげーーーわかるぅぅぅぅぅぅぅ!!!

 

ソラニンという映画のタイトルになっている部分も、

ジャガイモの「芽」にある毒素のことで、

《このままではダメになってしまう》

という、大人になろうとしてなかなかなれない、

種田自身のメタファー(隠喩)になっています。

農家としても、好きだなーと思った表現です。

 

 

最後に何と言っても音楽!

アジカン作曲なのはもちろん、

原作の詩をそのまんま使うという作曲センス抜群の一曲。

 

ネタバレになりますが、

最後の芽衣子(宮崎あおい)のライブシーンは

何度見ても本当に鳥肌がたちます。

決して上手いとは言えなくても、

芽衣子の声とバンドの音がこれほどまでに胸を打つとは…。

 

 

ぜひ映画を見て、感じていただきたい!

 

 

あと、映画のエンディングはアジカンの「ムスタング」という曲で、

これはアジカン後藤さんが漫画ソラニンを読んで作った曲なんだそうです。

またこの曲もいい歌詞なんだよなぁ…。

 

 

ソラニンのヘビロテがマジで止まらなくなるので、

それだけは気を付けてください。

 

ソラニン

ソラニン

 

 

 

3回連続観たって書きましたけど、

やっぱり何度も見るとそれだけ発見もあって、

いろんな伏線を理解できるので、さらにラストが泣けます。。。

 

この世界の片隅に、もまたスクリーンで見に行きたいな~

 

 

ほなまた~。

くるりが好き。

ども!

 

40年ぶり?

とか言われるくらいの大雪に見舞われている婦木農場です。

ハウスもいくつかつぶれましたが、

自然災害はどうしようもないし、

誰もケガしなかったので、よかったなーと思いました。

まぁやるしかないんでいつも通り頑張ります。

 

さて、今回は好きな音楽です。

f:id:fukikeisuke:20130513201458j:plain

 

皆さんご存知、京都出身のロックバンド、くるりです。

ギター、ボーカルの岸田さん、

ベースの佐藤さん、

トランペット、キーボードのファンファンさんの3人組です。

 

 

私の仕事は結構単純なので、

いつも何かしら音楽を聴きながら楽しくやっているのですが、

そんな中、すごく不思議な音楽に出会ったのが2年ほど前。

 

以前から、比較的優しいポップなナンバー「シャツを洗えば」

 

だけは聴いていたんですが、

たまたまTSUTAYAで借りてきた

この「THE PIER」というアルバムが、一曲目から、

これまでのくるりのイメージとは全く違う音楽だったので、

ほんまにくるりか?!と、びっくりしました。

音楽の知識はないので、詳しいことはわかりませんが、

『なんかすごい』感じがありました。

 

これ、一曲目・・・

2034

2034

 

MVもありました。


くるり-Liberty&Gravity / Quruli-Liberty&Gravity

 

まあMVは正直意味不明ですし、

歌詞もよくわからないです。

 

 

でもなんかすごい、、、

 

 

そんなことを思っていたら、ちょうどいい本があり、

ちゃっかりアマゾンしてしまいました。

くるりのこと

くるりのこと

 

 昨年デビュー20周年を迎え、

インタビュー形式で活動を振り返った一冊。

今までのアルバム制作の裏話や曲への思い、

入れ替わりが激しいメンバーのことを知れて面白かったです。

 

CDが一番売れていた98年にデビューし、

音楽業界が混沌としていく中、

時代に合わせたり、先を行ったり、

メンバー構成でさえも、

常に変わり続けているバンドであることが、

この本からも音楽からも伝わってきました。

「なんかすごい」という先ほどのアルバムも、かなり新しい試みが取り入れられていたようです。読んでもようわからんけども。

 

 

変わり続けるといえば、最近、近所の酒蔵さんの話を聞く機会がありました。

その中で、「変わり続ける」という言葉を大切にされていました。

日本酒は親父の飲み物、という固定概念を打ち崩し、

おしゃれなデザインボトルを利用したり、

大阪に店を構えたり、女性を多く雇用したりと、

先進的な取り組みをされているようです。

 

 

くるりも酒蔵さんも、

時代が目まぐるしく変わっていく中で、

どのように次の一歩を踏み出そうかと実験し続けているのかなあと感じ、

私も刺激をもらっています。

 

 

 

 デビュー曲「東京」

東京

東京

 

この曲を知ったのは恥ずかしながら半年前です。

東京に出たころの初々しさとモラトリアム感が、

イントロと間奏に表れている気がしていて、

すごく感情移入してしまう曲です。

 

 

 最新曲「琥珀色の街、上海蟹の朝」

 

これは何というのか、グルーヴ感が最高です。

グルーヴとはノリや雰囲気のことです、たぶん。

衝撃を受けたアルバム「THE PIER」のころから、

なんか不思議な音やラップのような歌詞が入っていて、

聴きながら仕事もノリノリでできます。

 

この2曲聴くだけで全然違うことがわかっていただけると思います。 

 まあとにかく、私はそんな”変わり続ける”くるりが好きです。

 

皆さんは好きなアルバムや曲はありますか?

私は「THE PIER」と「ワルツを踊れ」が大好きです。

もしあったら教えてほしいなぁー。

「それねー!最高やん!」って言いたい。

 

このブレーメン、オーケストラの入ったライブ版も最高です。

 

こんだけ偉そうに書いてみましたが、

残念ながら、くるりのライブにまだ行ったことがありません。

今年はどこかでいけないかと企んでいます。

 

 

ほなまた~。