丹波のチーズ王子

私の好きなことを好きなように書いています。

ソラニンが好き。

どーも!

マーティンスコセッシ監督の『沈黙サイレンス』を観て、

塚本晋也さんの熱演に感動したチーズ王子です。

 

 

今回は好きな映画です。

 

ソラニン!!

 

ソラニン

ソラニン

 

 

宮崎あおい高良健吾のダブル主演で、

2010年に公開された青春恋愛映画。

浅野いにおさんの漫画原作で、

アジカンASIAN KUNG-FU GENERATION)が漫画に出てきた

詩をもとに、作曲したことでも当時話題になりました。

 


映画『ソラニン』予告編

予告見つけたので、見てくださいまし。

 

 

とにかくこれ、超×10000大好きな映画です。

 

公開当時、話には聞いていましたが、

”映画”というものには全くと言っていいほどに興味がなく、

完全にスルーしていました。

 

 

2年前くらいでしょうか、丹波に帰ってきたころ、

大好きな宮崎あおいを観て目の保養をするために、

TSUTAYAでなんとなく借りてきたのでした。

 

 

観てみると・・・

 

感動感動!!!一人で大号泣してしまいました。

 

あまりに面白かったので、

その日から3日連続で観て、すべての場面の意味や

登場人物たちの心情を読み取ろうとしていました。

 

正直、『映画が面白い』と思うようになったのは、

このソラニンがきっかけといっても過言ではないです。

 

 

 

まず素晴らしいのは役者!

ベテランの宮崎あおい高良健吾を筆頭に、

本当にドラムをたたいている桐谷健太、

サンボマスターのベーシスト近藤洋一

この二人がバンドにとてつもない説得力をもたらしています。

加えて今売れっ子の永山絢斗井浦新、美保純らが脇を固めます。

 

 

次に話の深さ。

これは原作マンガがすごいということでしょう。

種田(高良健吾)の泣きながらバイクを走らせるシーンは、

まさに私たち20代のモラトリアムな感情を爆発させる瞬間であり、

すーーげーーーわかるぅぅぅぅぅぅぅ!!!

 

ソラニンという映画のタイトルになっている部分も、

ジャガイモの「芽」にある毒素のことで、

《このままではダメになってしまう》

という、大人になろうとしてなかなかなれない、

種田自身のメタファー(隠喩)になっています。

農家としても、好きだなーと思った表現です。

 

 

最後に何と言っても音楽!

アジカン作曲なのはもちろん、

原作の詩をそのまんま使うという作曲センス抜群の一曲。

 

ネタバレになりますが、

最後の芽衣子(宮崎あおい)のライブシーンは

何度見ても本当に鳥肌がたちます。

決して上手いとは言えなくても、

芽衣子の声とバンドの音がこれほどまでに胸を打つとは…。

 

 

ぜひ映画を見て、感じていただきたい!

 

 

あと、映画のエンディングはアジカンの「ムスタング」という曲で、

これはアジカン後藤さんが漫画ソラニンを読んで作った曲なんだそうです。

またこの曲もいい歌詞なんだよなぁ…。

 

 

ソラニンのヘビロテがマジで止まらなくなるので、

それだけは気を付けてください。

 

ソラニン

ソラニン

 

 

 

3回連続観たって書きましたけど、

やっぱり何度も見るとそれだけ発見もあって、

いろんな伏線を理解できるので、さらにラストが泣けます。。。

 

この世界の片隅に、もまたスクリーンで見に行きたいな~

 

 

ほなまた~。

くるりが好き。

ども!

 

40年ぶり?

とか言われるくらいの大雪に見舞われている婦木農場です。

ハウスもいくつかつぶれましたが、

自然災害はどうしようもないし、

誰もケガしなかったので、よかったなーと思いました。

まぁやるしかないんでいつも通り頑張ります。

 

さて、今回は好きな音楽です。

f:id:fukikeisuke:20130513201458j:plain

 

皆さんご存知、京都出身のロックバンド、くるりです。

ギター、ボーカルの岸田さん、

ベースの佐藤さん、

トランペット、キーボードのファンファンさんの3人組です。

 

 

私の仕事は結構単純なので、

いつも何かしら音楽を聴きながら楽しくやっているのですが、

そんな中、すごく不思議な音楽に出会ったのが2年ほど前。

 

以前から、比較的優しいポップなナンバー「シャツを洗えば」

 

だけは聴いていたんですが、

たまたまTSUTAYAで借りてきた

この「THE PIER」というアルバムが、一曲目から、

これまでのくるりのイメージとは全く違う音楽だったので、

ほんまにくるりか?!と、びっくりしました。

音楽の知識はないので、詳しいことはわかりませんが、

『なんかすごい』感じがありました。

 

これ、一曲目・・・

2034

2034

 

MVもありました。


くるり-Liberty&Gravity / Quruli-Liberty&Gravity

 

まあMVは正直意味不明ですし、

歌詞もよくわからないです。

 

 

でもなんかすごい、、、

 

 

そんなことを思っていたら、ちょうどいい本があり、

ちゃっかりアマゾンしてしまいました。

くるりのこと

くるりのこと

 

 昨年デビュー20周年を迎え、

インタビュー形式で活動を振り返った一冊。

今までのアルバム制作の裏話や曲への思い、

入れ替わりが激しいメンバーのことを知れて面白かったです。

 

CDが一番売れていた98年にデビューし、

音楽業界が混沌としていく中、

時代に合わせたり、先を行ったり、

メンバー構成でさえも、

常に変わり続けているバンドであることが、

この本からも音楽からも伝わってきました。

「なんかすごい」という先ほどのアルバムも、かなり新しい試みが取り入れられていたようです。読んでもようわからんけども。

 

 

変わり続けるといえば、最近、近所の酒蔵さんの話を聞く機会がありました。

その中で、「変わり続ける」という言葉を大切にされていました。

日本酒は親父の飲み物、という固定概念を打ち崩し、

おしゃれなデザインボトルを利用したり、

大阪に店を構えたり、女性を多く雇用したりと、

先進的な取り組みをされているようです。

 

 

くるりも酒蔵さんも、

時代が目まぐるしく変わっていく中で、

どのように次の一歩を踏み出そうかと実験し続けているのかなあと感じ、

私も刺激をもらっています。

 

 

 

 デビュー曲「東京」

東京

東京

 

この曲を知ったのは恥ずかしながら半年前です。

東京に出たころの初々しさとモラトリアム感が、

イントロと間奏に表れている気がしていて、

すごく感情移入してしまう曲です。

 

 

 最新曲「琥珀色の街、上海蟹の朝」

 

これは何というのか、グルーヴ感が最高です。

グルーヴとはノリや雰囲気のことです、たぶん。

衝撃を受けたアルバム「THE PIER」のころから、

なんか不思議な音やラップのような歌詞が入っていて、

聴きながら仕事もノリノリでできます。

 

この2曲聴くだけで全然違うことがわかっていただけると思います。 

 まあとにかく、私はそんな”変わり続ける”くるりが好きです。

 

皆さんは好きなアルバムや曲はありますか?

私は「THE PIER」と「ワルツを踊れ」が大好きです。

もしあったら教えてほしいなぁー。

「それねー!最高やん!」って言いたい。

 

このブレーメン、オーケストラの入ったライブ版も最高です。

 

こんだけ偉そうに書いてみましたが、

残念ながら、くるりのライブにまだ行ったことがありません。

今年はどこかでいけないかと企んでいます。

 

 

ほなまた~。

 

 

 

ブルージャイアント好き。

 

 ども!

雪で外に出たくないので、久々の更新です。

 

 

今年一年のチーズ王子は

「好きなこと、思いついたことを迷惑の掛からないようにやろう」

と思っています。

 

ってことで、単純に好きなものについてブログ書きます。

もちろん農場のこともちらほらと書きますけど。

 

自分的には「すーーーーげーーーーー面白い!!!」

と思って記事を書いているので、

少しでも興味を持っていただけると嬉しいです。

 

f:id:fukikeisuke:20170115100951j:plain

 

今回は、この正月に大人買いして一気に読んだ青春漫画、

「ブルージャイアント」!

 

 もう最高!

最高や!神様ありがとう!やっほーーーー!!!

最高としか言いようがない。

まじで1巻だけでも読んでほしい。

 

ジャズをテーマにしてた熱い青春漫画で、

主人公は高校生3年の宮本大(ダイ)。

ある日友達に誘われていったジャズコンサートで衝撃を受け、

サックスプレイヤーを目指していくお話。

 

ビックコミックで3年前くらいから連載していたようで、

1月15日現在9巻まで。

 

マンガ大賞みたいなのも受賞してるようなので、

読んだことある人も多いかもしれません。

私も年末に、あるラジオから話を聞いて買ってみたんですが、

本当にいい漫画に出会いました。

 

私はジャズといえば「おしゃれな大人の音楽」

というイメージで、メロディーも複雑やし、

そんなに興味もなかったんです、

が!この漫画に出会ってからジャズの聴き方?というか

人それぞれ自由に音楽を聴いていいと思えたし、

本当に面白い音楽なんだなぁと心から感じました。

 

なんで漫画なのに音楽?と思う方は読んでください。

漫画から音がでてきてます。すーごい音が聞こえますから!

主人公の宮本大はまっすぐすぎる青年なので、

青春漫画っぽいベタな匂いを醸しつつも、

それをはるかに凌駕する圧倒的な音の表現にすごく説得力があります。

 

また、ちょっとネタバレになってしまいますが、

宮本は田舎から上京してジャズバンドを組むのですが、

このメンツがそれぞれに深く描かれていて超胸熱です。

もともと”バンドもの”が大好物な私はドドはまりしてしまい、

涙腺崩壊でえらいことになりました。

ついでに言っておくと、

読み返そうと再び1巻を読んだ時には、

1話目のエピソードですでに泣いてしまいました。

 

一応9巻まででひとつの話になっているようなので、

すぐ読めますし、お勧めします。ぜひに。

 

 

いつかわたしもライブハウスで

ジャズの生演奏を聴きに行きたいと思います。

 

下は公式サイトです。試し読みもあるみたいです。

bluegiant.jp

2017年も。

f:id:fukikeisuke:20170101164223j:plain

あけおめことよろ!!

眠い目をこすりながら、元日も家畜の世話をするチーズ王子です。

 

 

あーーーー年明けてしまった。

2016年のまとめ記事を書こうと思てたんやけど。

 

仕事より個人的な趣味の充実が著しいので、

案外楽しい毎日であります。

 

 

仕事であるチーズも牛も鶏も、うまくいったりいかなかったりで、

いろんな課題が見えて来たので、1つずつクリアして行きます。

当面は酪農の経営安定化ですが…。

 

 

ってなわけで牛ちゃんゲットだぜ!

f:id:fukikeisuke:20170101164259j:plain

彼女は先週嫁入りした「みつは」ちゃん(君の名は。よりパクりました)

顔にたくましさを感じる牛ちゃんです。

 

 

あーやばい、夕方の乳しぼりに行かねば。

ほなまたー!

12月になる。

f:id:fukikeisuke:20161113125739j:plain

どもー。

「にゃんきゅっぱ」したいけど、難しいですな…。

お久しぶりです、チーズ王子です。

 

 

明日から12月ですよ、12月!

なんかそわそわして落ち着きませんが、

映画見たり、音楽聞いたり、仕事したりしております。

 

 

そういえば鳥インフルエンザのニュースが出ましたね。

うちも小さいながら鶏を飼っている農家として、

周りに迷惑をかけられないので、対策をしなければ。

しばらくの間、鶏小屋は立ち入り禁止になりますので、

おいでの際はよろしくお願いします。

 

 

ラジオやニュースで話題になっているアニメ映画

この世界の片隅に」も少し前に観てきましたよ。

原作も読んでいたのですが、

映画で動いている主人公すずさんが本当に生き生きと描かれていました。

いろんな方の感想をメディアで見聞きして、

まだまだ話の半分も吸収できてないと思ったので、きっとまた観ます。

2月4日ごろから福知山シネマにもやってくるようです。

福知山シネマ 劇場公式サイト

毎日通いたいです。

 

 

11月最後の今日、午後からは大豆を収穫します。

とりあえず畑からとってきて、枝葉ごとハウスに入れ、

乾燥させたいのですが、今年は畑が草ボーボーなので、

畑でスイスイ歩けないのがしんどいです。

午前中で腰や肩も既にバッキバキで、

30歳超えたら動けんようになるんちゃうか?ってくらいです。

 

まぁ、いってきます。ほなまた~。